メインコンテンツへ飛ぶ

Goma

Goma は Chromium や Android などのオープンソースプロジェクト向けに公開されたコンパイラサービスです。

Electron はカスタム Goma バックエンドのデプロイがあり、これはすべての Electron メンテナーが利用できます。 認証詳細情報については以下にある アクセス の章を参照してください。 資格情報がない場合にデフォルトで使用される cache-only Goma エンドポイントもあります。 cache-only Goma へのリクエストはクラスターにヒットしませんが、キャッシュから読み取るためビルド時間が大幅に短縮されます。

Goma を有効にする

現在、Goma の使用をサポートしている方法は、ビルドツール の使用のみです。 build-tools をセットアップすると、Goma の設定が自動的にインクルードされます。

あなたがメンテナーかつクラスターにアクセスできる場合は、Goma クラスターを使用する build-tools を構成するために e init--goma=cluster 付きで実行するようにしてください。 既存のコンフィグがある場合は、"goma": "cluster" をコンフィグファイルにセットするだけです。

Goma でのビルド

Goma を使用している場合、マシンで通常サポートされている値よりも大幅に大きい値の jninja を実行できます。

Windows や Linux では 200、macOS では 50 より大きい値を設定しないでください。 Goma システムの使用状況は監視されており、不合理な並列実行で Goma システムを悪用していることが判明したユーザーは無効になります。

ninja -C out/Testing electron -j 200

build-tools を使用している場合、適切な -j の値が自動的に使用されます。

Goma の監視

ローカルマシンで http://localhost:8088 にアクセスすると、Goma システムを通過するコンパイルジョブを監視できます。

アクセス

現在、セキュリティとコストの理由により Electron Goma へのアクセスは Electron メンテナーに制限されています。 アクセスしたい場合は、Slack の #access-requests にアクセスし、@goma-squad に連絡してアクセスを要求してください。 メンテナーであることはアクセスを 自動的に 許可するものではなく、アクセスはその場に応じて許可されることに留意してください。

可用時間 / サポート

https://status.notgoma.com で Goma クラスターとキャッシュの監視を自動化しています

Goma の使用に対するサポートは提供していません。ヘルプを求める Issue は ほぼ全て 理由なくクローズします。そういったサポートは取り扱いません。