メインコンテンツへ飛ぶ

サンプルの概要

この章では、Electron アプリケーションに実装したいと思われる一般的な機能のガイドを集めました。 各ガイドには、最小限の自己完結型のサンプルアプリで実践的な例を含めてあります。 これらのサンプルを実行する最も簡単な方法は、Electron Fiddle をダウンロードすることです。

Fiddle がインストールされれば、「Open in Fiddle」ボタンをクリックすると以下のようなコードサンプルが表示されるようになります。

const { app, BrowserWindow } = require('electron')
const path = require('path')

function createWindow () {
const win = new BrowserWindow({
width: 800,
height: 600,
webPreferences: {
preload: path.join(__dirname, 'preload.js')
}
})

win.loadFile('index.html')
}

app.whenReady().then(() => {
createWindow()

app.on('activate', () => {
if (BrowserWindow.getAllWindows().length === 0) {
createWindow()
}
})
})

app.on('window-all-closed', () => {
if (process.platform !== 'darwin') {
app.quit()
}
})

使いかたとは?

サイドバーに「使いかた」すべてのリストがあります。 ドキュメントに載っていないことでやりたいことがあれば、ぜひ Discord サーバー に参加してお知らせください!