メインコンテンツへ飛ぶ

ネイティブなファイルのドラッグ&ドロップ

概要

ファイルを操作する特定の種類のアプリケーションは、オペレーティングシステムのネイティブなファイルのドラッグ&ドロップの機能をサポートしたいでしょう。 ファイルをウェブコンテンツにドラッグすることは一般的であり、多くのウェブサイトでサポートされています。 Electron はさらに、ファイルやコンテンツをウェブコンテンツからオペレーティングシステム側へドラッグすることをサポートしています。

この機能をアプリに実装するには、ondragstart イベントへの応答として ``webContents.startDrag(item) API を呼ぶ必要があります。

サンプル

この例では、実行時にファイルを作成し、ウィンドウ外へとドラッグできるようにする方法を示します。

Preload.js

preload.js では、contextBridge を使用してメインプロセスに IPC メッセージを送信するメソッド window.electron.startDrag(...) を注入します。

const { contextBridge, ipcRenderer } = require('electron')
const path = require('path')

contextBridge.exposeInMainWorld('electron', {
startDrag: (fileName) => {
ipcRenderer.send('ondragstart', path.join(process.cwd(), fileName))
}
})

Index.html

index.html にドラッグ可能な要素を追加し、レンダラースクリプトを読むようにします。

<div style="border:2px solid black;border-radius:3px;padding:5px;display:inline-block" draggable="true" id="drag">Drag me</div>
<script src="renderer.js"></script>

Renderer.js

renderer.js ではレンダラープロセスを設定します。上記の contextBridge で追加したメソッドを呼び出す形で、ドラッグイベントを処理します。

document.getElementById('drag').ondragstart = (event) => {
event.preventDefault()
window.electron.startDrag('drag-and-drop.md')
}

Main.js

メインプロセス (main.jsファイル) で受信したイベントを、以下のようにドラッグされたファイルのパスとアイコンへと展開します。

const { app, BrowserWindow, ipcMain, nativeImage, NativeImage } = require('electron')
const path = require('path')
const fs = require('fs')
const https = require('https')

function createWindow() {
const win = new BrowserWindow({
width: 800,
height: 600,
webPreferences: {
preload: path.join(__dirname, 'preload.js')
}
})

win.loadFile('index.html')
}

const iconName = path.join(__dirname, 'iconForDragAndDrop.png');
const icon = fs.createWriteStream(iconName);

// Create a new file to copy - you can also copy existing files.
fs.writeFileSync(path.join(__dirname, 'drag-and-drop-1.md'), '# First file to test drag and drop')
fs.writeFileSync(path.join(__dirname, 'drag-and-drop-2.md'), '# Second file to test drag and drop')

https.get('https://img.icons8.com/ios/452/drag-and-drop.png', (response) => {
response.pipe(icon);
});

app.whenReady().then(createWindow)

ipcMain.on('ondragstart', (event, filePath) => {
event.sender.startDrag({
file: path.join(__dirname, filePath),
icon: iconName,
})
})

app.on('window-all-closed', () => {
if (process.platform !== 'darwin') {
app.quit()
}
})

app.on('activate', () => {
if (BrowserWindow.getAllWindows().length === 0) {
createWindow()
}
})

Electron アプリケーションを起動したら、BrowserWindow 上の アイテムをデスクトップへドラッグ & ドロップしてみてください。 このガイドでは、そのアイテムはプロジェクトのルートにある Markdown ファイルとなっています。

ドラッグアンドドロップ