メインコンテンツへ飛ぶ

デスクトップランチャーアクション (Linux)

概要

多くの Linux 環境では、.desktop ファイルを変更することでシステムランチャーにカスタムエントリを追加できます。 Canonical の Unity ドキュメントについては、ランチャーにショートカットを追加する を参照してください。 より一般的な実装については、freedesktop.org 仕様 を参照してください。

audacious

注意: 上のスクリーンショットは Audacious オーディオプレーヤーのランチャーショートカットの例です。

ショートカットを作成するには、ショートカットメニューに追加したいエントリごとに NameExec プロパティを指定する必要があります。 Unity は、ユーザーがショートカットのメニューアイテムをクリックした後に Exec フィールドで定義されたコマンドを実行します。 .desktop ファイルの例を以下に示します。

Actions=PlayPause;Next;Previous

[Desktop Action PlayPause]
Name=Play-Pause
Exec=audacious -t
OnlyShowIn=Unity;

[Desktop Action Next]
Name=Next
Exec=audacious -f
OnlyShowIn=Unity;

[Desktop Action Previous]
Name=Previous
Exec=audacious -r
OnlyShowIn=Unity;

Unity がアプリケーションにやることを指定する好ましい方法は、引数の利用です。 これはアプリケーション内からグローバル変数 process.argv で参照できます。