メインコンテンツへ飛ぶ

ソースコードのディレクトリ構造

Electron のソースコードは、いくつかの部分に分けられています。ほとんどの場合、分離規約上 Chromium に従っています。

ソースコードをよりよく理解するためには、Chromium のマルチプロセスアーキテクチャ に慣れる必要があるかもしれません。

ソースコードの構造

Electron
├── build/ - GN でビルドするために必要なコンフィグファイルをビルドします。
├── buildflags/ - 条件付きビルドに使用できる機能の集合を定義します。
├── chromium_src/ - コンテンツレイヤーの一部でない Chromium からコピーされたソースコード。
├── default_app/ - 消費者向けアプリ以外から Electron が起動されたときに
| 実行されるデフォルトアプリ。
├── docs/ - Electron のドキュメント。
| ├── api/ - Electron の外部向けモジュールと API のドキュメント。
| ├── development/ - Electron の開発と Electron による開発の支援ドキュメント。
| ├── fiddles/ - Electron Fiddle で実行できるコードスニペットの集合。
| ├── images/ - ドキュメントで使用される画像。
| └── tutorial/ - Electron のさまざまな観点におけるチュートリアルドキュメント。
/ lib / - JavaScript / TypeScript شفرة المصدر.
| ├── browser/ - メインプロセス初期化コード。
| | ├── api/ - メインプロセスモジュール API の実装。
| | └── remote/ - メインプロセスで使用される
| | リモートモジュールに関連したコード。
| ├── common/ - メインとレンダラー両方のプロセスに必要なロジックに関連するものです。
| | └── api/ - メインとレンダラー両方のプロセスに必要な
| | モジュール API の実装
| ├── isolated_renderer/ - contextIsolation が有効なとき
| | イソレートレンダラープロセスの作成を処理します。
| ├── renderer/ - レンダラープロセス初期化コード。
| | ├── api/ - レンダラープロセスモジュール API の実装。
| | ├── extension/ - Electron レンダラープロセスでの
| | | Chrome 拡張機能の使用に関連したコード。
| | ├── remote/ - メインプロセスでの remote モジュールの
| | | 使用を処理するロジック。
| | └── web-view/ - レンダラープロセスでの webview の
| | 使用を処理するロジック。
| ├── sandboxed_renderer/ - サンドボックスレンダラープロセスの作成を処理する
| | | ロジック。
| | └── api/ - サンドボックスレンダラープロセス API の実装。
| └── worker/ - Web Worker で Node.js 環境の適切な機能を
| 処理するロジック。
├── patches/ - ユースケースと元の機能との差異を扱うために、
| | Electron のコア依存関係上に適用されたパッチ。
| ├── boringssl/ - Google の OpenSSL フォークである BoringSSL に適用されているパッチ。
| ├── chromium/ - Chromium に適用されているパッチ。
| ├── node/ - Node.js 上に適用されているパッチ。
| └── v8/ - Google の V8 エンジンの上に適用されているパッチ。
├── shell/ - C++ ソースコード。
| ├── app/ - システムのエントリコード。
| ├── browser/ - メインウィンドウ、UI と
| | | メインプロセスの全てを含むフロントエンド。 これはレンダラーと連絡して Web ページを
| | | 管理します。
| | ├── ui/ - 異なるプラットフォーム間での UI のローレベルの実装。
| | | ├── cocoa/ - Cocoa に関連したソースコード。
| | | ├── win/ - Windows のGUIに関連したソースコード。
| | | └── x/ - X11 に関連したソースコード。
| | ├── api/ - メインプロセス API の実装。
| | ├── net/ - ネットワークに関連したコード。
| | ├── mac/ - Mac に関連した Objective-C のソースコード。
| | └── resources/ - アイコン、プラットフォーム固有のファイルなど。
| ├── renderer/ - レンダラープロセスで動くコード。
| | └── api/ - レンダラープロセス API の実装。
| └── common/ - Node のメッセージループを Chromium のメッセージループに
| | 統合するためのユーティリティ関数やコードなど、
| | メインプロセスとレンダラープロセスの両方で使用されるコード。
| └── api/ - 共通の API の実装と、
| Electron の組み込みモジュールの基礎。
├── spec/ - レンダラープロセスで実行される Electron の連続テストのコンポーネント。
├── spec-main/ - メインプロセスで実行される Electron の連続テストのコンポーネント。
└── BUILD.gn - Electronのビルドルール。

その他のディレクトリの構造

  • .circleci - CircleCI を使用した CI のコンフィグファイル。
  • .github - Issue のテンプレートとコード所有者を含む GitHub 指定のコンフィグファイル。
  • dist - 配布用に作成したときに script/create-dist.py スクリプトが作成する一時的なディレクトリ。
  • node_modules - ビルドに使用する第三者のnodeモジュール。
  • npm - npm を介した Electron のインストールロジック。
  • out - ninjaの一時的な出力用ディレクトリ。
  • script - ビルド、パッケージ、テストなどの開発目的に使用されるスクリプト。
script/ - Electron がさまざまな目的で実行するすべてのスクリプトの集合。
├── codesign/ - Electron アプリのコード署名を偽装します。テスト用です。
├── lib/ - その他の Python のユーティリティスクリプト。
└── release/ - Electron のリリースプロセス中に実行されるスクリプト。
├── notes/ - 新しいバージョンの Electron のリリースノートを生成します。
└── uploaders/ - リリース中にさまざまなリリースに関するファイルをアップロードします。
  • typings - Electron 内部コードの TypeScript 型定義。