メインコンテンツへ飛ぶ

TraceCategoriesAndOptions オブジェクト

  • categoryFilter String – トレースされる必要があるカテゴリグループを制御するフィルタ。 フィルタには、一致するカテゴリが含まれるカテゴリグループを除外する任意の接頭子 '-' をつけることができます。 同じリストに包含と除外の両方のカテゴリパターンを入れることはサポートされていません。 例: test_MyTest*test_MyTest*,test_OtherStuff-excluded_category1,-excluded_category2
  • traceOptions String - どの種類のトレースを有効にするかを制御します。これは次の文字列群をコンマ区切りで組み合わせます。record-until-fullrecord-continuouslytrace-to-consoleenable-samplingenable-systrace。例: 'record-until-full,enable-sampling'。 最初の3つのオプションは、トレース記録モードであり、それ故に相互に排他的です。 traceOptions の文字列に1つ以上のトレース記録モードが見つかった場合、最後の1つが優先されます。 トレース記録モードが何も指定されない場合、記録モードは、record-until-full です。 トレースオプションは traceOptions から解析されたオプションが適用されるまで、最初にデフォルトのオプション (record_moderecord-until-full に、enable_samplingenable_systracefalse にセットされる) にリセットされます。