メインコンテンツへ飛ぶ

ProcessMetric オブジェクト

  • pid Integer - プロセスのプロセスID。
  • type String - プロセスの種別。 以下の値のいずれかです。
    • Browser
    • Tab
    • Utility
    • Zygote
    • Sandbox helper
    • GPU
    • Pepper Plugin
    • Pepper Plugin Broker
    • Unknown
  • serviceName String (任意) - そのプロセスのローカライズされていない名前。
  • name String (任意) - そのプロセスの名前。 ユーティリティの例: Audio Service, Content Decryption Module Service, Network Service, Video Captureなど
  • cpu CPUUsage - プロセスの CPU 使用率。
  • creationTime Number - このプロセスの作成時間。 時間はエポックからのミリ秒数として表されます。 pid はプロセスの終了後に再利用される可能性があるため、pidcreationTime の両方を使用してプロセスを一意に識別すると良いでしょう。
  • memory MemoryInfo - プロセスのメモリ情報。
  • sandboxed Boolean (任意) macOS Windows - プロセスが OS レベルでサンドボックス化されるかどうか。
  • integrityLevel String (任意) Windows - 次のいずれかの値:
    • untrusted
    • low
    • medium
    • high
    • 未知