メインコンテンツへ飛ぶ

JumpListItem オブジェクト

  • type String (任意) - 以下のいずれかです。
    • task - 指定された引数でアプリを起動するタスク。
    • separator - 標準の タスク カテゴリ内で項目を分けるために使用されます。
    • file - ジャンプリストを作成したアプリを使ってファイルを開くファイルリンク。これを動作させるには、アプリがファイルタイプのハンドラ (既定のハンドラでなくても構いません) として登録されていなければなりません。
  • path String (任意) - 開くファイルのパス。typefile の場合だけ、設定してください。
  • program String (任意) - 実行するプログラムのパス。通常は現在のプログラムを開く process.execPath を指定する必要があります。 typetask の場合だけ、設定する必要があります。
  • args String (任意) - program 実行時のコマンドライン引数。 typetask の場合だけ、設定する必要があります。
  • title String (任意) - ジャンプリスト内のアイテムに表示されるテキスト。 typetask の場合だけ、設定する必要があります。
  • description String (任意) - タスクの説明 (ツールチップ内に表示)。 typetask の場合だけ、設定する必要があります。 最大長は 260 文字です。
  • iconPath String (任意) - ジャンプリストに表示されるアイコンの絶対パスで、アイコンを含む任意のリソースファイル (例えば、.ico.exe.dll) を指定できます。 通常、プログラムのアイコンを表示するために、process.execPath を指定します。
  • iconIndex Number (任意) - リソースファイル内のアイコンのインデックス。 リソースファイルに複数のアイコンが含まれている場合、この値はこのタスクに表示されるべきアイコンのゼロ始まりのインデックスを指定するために使われます。 リソースファイルに1つだけのアイコンしか含まれていない場合、このプロパティは0を指定する必要があります。
  • workingDirectory String (任意) - 作業ディレクトリ。 省略値は空文字列です。