メインコンテンツへ飛ぶ

JumpListCategory オブジェクト

  • type String (任意) - 以下のいずれかです。
    • tasks - このカテゴリの項目は、標準の タスク カテゴリに配置されます。 このようなカテゴリが1つだけあると、ジャンプリストの下部に常に表示されます。
    • frequent - アプリによってよく開くファイルの一覧が表示されます。カテゴリの名前と項目はWindowsによって設定されます。
    • recent - アプリによって最近開いたファイルの一覧が表示されます。カテゴリの名前と項目はWindowsによって設定されます。 app.addRecentDocument(path) を使用すると、このカテゴリへ項目が間接的に追加されることがあります。
    • custom - タスクやファイルのリンクを表示します。name は必ずアプリによって設定されなければなりません。
  • name String (任意) - typecustom の場合は必ず設定し、それ以外は省略しなければなりません。
  • items JumpListItem[] (任意) - typetasks もしくは custom の場合は JumpListItem オブジェクトの配列を設定し、それ以外は省略しなければなりません。

注: JumpListCategory オブジェクトに type プロパティも name プロパティも設定されなかった場合、typetasks と見做されます。 name プロパティは設定されている一方で type プロパティが省略された場合、typecustom と見做されます。

注: ジャンプリストのアイテムの description プロパティは最大長は 260 文字です。 この制限を超えると、アイテムはジャンプリストに追加されず、表示されません。