メインコンテンツへ飛ぶ

IpcMainEvent オブジェクト extends Event

  • processId Integer - このメッセージを送信したレンダラープロセスの内部 ID
  • frameId Integer - このメッセージを送信したレンダラーフレームの ID
  • returnValue any - 非同期メッセージで返された値がこれにセットされます
  • sender WebContents - メッセージを送信した webContents を返します
  • senderFrame WebFrameMain Readonly - このメッセージを送信したフレーム
  • ports MessagePortMain[] - このメッセージで転送された MessagePorts のリスト
  • reply Function - 現在処理している元々のメッセージを送信したレンダラーフレームに IPC メッセージを送信する関数です。 返信が正しいプロセスとフレームに行くことを保証するために、送信されたメッセージに "返信" する際はこのメソッドを使うべきです。
    • channel string
    • ...args any[]