メインコンテンツへ飛ぶ

Display オブジェクト

  • id Number -ディスプレイに関連付けられている一意の識別子。
  • rotation Rotation - 0、90、180、270のいずれかで、時計回りによる画面の回転角度を表します。
  • scaleFactor Number - 出力デバイスのピクセルスケール係数。
  • touchSupport String - available, unavailable, unknown のいずれか。
  • monochrome Boolean - ディスプレイが白黒ディスプレイかどうか。
  • accelerometerSupport String - available, unavailable, unknown のいずれか。
  • colorSpace String - 色変換を目的とした色空間 (実現可能なすべての色の組み合わせを含む3次元オブジェクト) を表します。
  • colorDepth Number - ピクセルあたりのビット数。
  • depthPerComponent Number - 色コンポーネントあたりのビット数。
  • displayFrequency Number - 表示リフレッシュレート。
  • bounds Rectangle - DIP ポイント単位のディスプレイの領域。
  • size Size
  • workArea Rectangle - DIP ポイント単位のディスプレイの動作領域。
  • workAreaSize Size
  • internal Boolean - 内部ディスプレイの場合は true で外部ディスプレイの場合は false

Display オブジェクトは、システムに接続された物理的なディスプレイを表します。 ヘッドレスシステムではフェイクの Display が存在していたり、 Display がリモートの仮想ディスプレイに対応していたりする可能性があります。