メインコンテンツへ飛ぶ

DesktopCapturerSource オブジェクト

  • id String - [navigator.webkitGetUserMedia] を呼び出した際、chromeMediaSourceId として使われるウインドウもしくは画面の識別子。 この識別子の形式は、window:XX:YY もしくは screen:ZZ:0 となります。 XX はウインドウの ID/ハンドルです。 YY は現在のプロセスの場合に 1 で、それ以外は 0 です。 ZZ は画面を表す連番ですが、ソース名のインデックスとは一致しません。
  • name String - ウインドウソースの名前は、ウインドウタイトルと一致しますが、画面ソースは、Entire Screen もしくは Screen <index> という名前になります。
  • thumbnail NativeImage - サムネイル画像。 注: サムネイルのサイズは、desktopCapturer.getSources に渡された options で指定された thumbnailSize と同じであるという保証はありません。 実際のサイズは、画面もしくはウィンドウの縮尺によって異なります。
  • display_id String - 一致する Displayid に対応する一意な識別子で、Screen API によって返されます。 いくつかのプラットフォーム上では、上記の id フィールドの XX 部と等価です。 利用不可能な場合は空文字列になります。
  • appIcon NativeImage - そのウインドウを有するアプリケーションのアイコン画像。Screen 型のソースである場合は null になります。 アイコンのサイズは事前に分かりません。これは指定したアプリケーションによって変ります。