メインコンテンツへ飛ぶ

powerSaveBlocker

システムが省電力 (スリープ) モードに入るのを防ぎます。

プロセス: Main

以下がその例です。

const { powerSaveBlocker } = require('electron')

const id = powerSaveBlocker.start('prevent-display-sleep')
console.log(powerSaveBlocker.isStarted(id))

powerSaveBlocker.stop(id)

メソッド

powerSaveBlocker モジュールには以下のメソッドがあります。

powerSaveBlocker.start(type)

  • type String - パワーセーブブロッカーの種類。
    • prevent-app-suspension - アプリケーションが休止状態に入るのを防ぎます。 システムをアクティブに保ちますが、スクリーンは電源をオフにできます。 使用例: ファイルのダウンロードや音楽の再生。
    • prevent-display-sleep - ディスプレイがスリープ状態に入るのを防ぎます。 システムとスクリーンをアクティブに保ちます。 使用例: 映像の再生。

戻り値 Integer - この powerSaveBlocker に割り当てられたブロッカー ID.

システムが低電力モードに入るのを防ぎます。 パワーセーブブロッカーを識別する整数を返します。

注釈: prevent-display-sleepprevent-app-suspension よりも高い優先順位を持ちます。 最も高い優先順位のタイプのみが有効になります。 つまり、prevent-display-sleepprevent-app-suspension よりも常に優先されます。

たとえば、A が呼び出した API は prevent-app-suspension を要求し、もう1つの B の呼び出しは prevent-display-sleep を要求したとします。 B が要求を停止するまで、prevent-display-sleep が使用されます。 その後、prevent-app-suspension が使用されます。

powerSaveBlocker.stop(id)

  • id Integer - powerSaveBlocker.start で返された powerSaveBlocker の ID。

指定した powerSaveBlocker を停止します。

powerSaveBlocker.isStarted(id)

  • id Integer - powerSaveBlocker.start で返された powerSaveBlocker の ID。

戻り値 Boolean - 対応する powerSaveBlocker が開始されているかどうか。