メインコンテンツへ飛ぶ

net

Chromium のネイティブのネットワークライブラリを使用して、 HTTP/HTTPS リクエストを発行します。

プロセス: Main

net モジュールは HTTP(S) リクエストを発行するクライアントサイド API です。 これは Node.js の HTTP および HTTPS モジュールに似ていますが、Node.js 実装の代わりに Chromium のネイティブネットワークライブラリを使用し、ウェブプロキシをより効果的にサポートします。 また、ネットワーク状況の確認にも対応しています。

以下は、完全に網羅しているわけではありませんが、ネイティブ Node.js モジュールの代わりに net モジュールを使用することを検討する理由のリストです。

  • システムプロキシ設定の自動管理、WPAD プロトコルとプロキシの PAC 設定ファイルのサポート。
  • HTTPS リクエストの自動トンネリング。
  • Basic、Digest、NTLM、Kerberosを使用したプロキシの認証、またはネゴシエート認証スキームをサポート。
  • アクセス制御および監視に使用される、Fiddler のようなトラフィック監視プロキシのサポート。

API コンポーネント (クラス、メソッド、プロパティ、イベント名など) は、Node.js で使用されているものと同様です。

使用例:

const { app } = require('electron')
app.whenReady().then(() => {
const { net } = require('electron')
const request = net.request('https://github.com')
request.on('response', (response) => {
console.log(`STATUS: ${response.statusCode}`)
console.log(`HEADERS: ${JSON.stringify(response.headers)}`)
response.on('data', (chunk) => {
console.log(`BODY: ${chunk}`)
})
response.on('end', () => {
console.log('No more data in response.')
})
})
request.end()
})

net API は、アプリケーションが ready イベントを発生させた後でのみ使用できます。 ready イベントの前にモジュールを使用しようとすると、エラーがスローされます。

メソッド

net モジュールには以下のメソッドがあります。

net.request(options)

  • options (ClientRequestConstructorOptions | string) - ClientRequest コンストラクタのオプション。

戻り値 ClientRequest

ClientRequest コンストラクタに直接転送される options を使用してClientRequest インスタンスを作成します。 net.request メソッドは、options オブジェクト内の指定されたプロトコルにしたがって、セキュアとインセキュア両方の HTTP リクエストを発行するために使用されます。

net.isOnline()

戻り値 boolean - 現在インターネットに接続しているかどうか。

戻り値が false の場合、ユーザーがリモートサイトに接続できないことをかなり強く示しています。 しかし、true の戻り値は決定的ではありません。いくつかのリンクが見当たらなくても、特定リモートサイトへの特定の接続試行が成功するかどうかは不確かです。

プロパティ

net.online 読み出し専用

boolean 型のプロパティです。 これは現在インターネットに接続しているかどうかです。

戻り値が false の場合、ユーザーがリモートサイトに接続できないことをかなり強く示しています。 しかし、true の戻り値は決定的ではありません。いくつかのリンクが見当たらなくても、特定リモートサイトへの特定の接続試行が成功するかどうかは不確かです。