メインコンテンツへ飛ぶ

ipcRenderer

レンダラープロセスからメインプロセスに非同期通信をします。

プロセス: Renderer

ipcRenderer モジュールは Event Emitter を継承しています。 レンダラープロセス (ウェブページ) からメインプロセスに同期及び非同期メッセージを送れるように、いくつかのメソッドを提供します。 メインプロセスからの返信を受け取ることもできます。

サンプルコードについては ipcMain を参照して下さい。

メソッド

ipcRenderer オブジェクトは、イベントを受け取り、送るために以下のメソッドがあります。

ipcRenderer.on(channel, listener)

  • channel String
  • listener Function
    • event IpcRendererEvent
    • ...args any[]

channel に新しいメッセージが来たときに listenerlistener(event, args...) として呼ばれます、

ipcRenderer.once(channel, listener)

  • channel String
  • listener Function
    • event IpcRendererEvent
    • ...args any[]

イベントに対する一回限りの listener 関数を追加します。 この listener は、次にメッセージが channel へ送信されたときに、削除されてから呼び出されます。

ipcRenderer.removeListener(channel, listener)

  • channel String
  • listener Function
    • ...args any[]

指定した channel の listener 配列から、指定した listener を削除します。

ipcRenderer.removeAllListeners(channel)

  • channel String

指定した channel の listener を全て削除します。

ipcRenderer.send(channel, ...args)

  • channel String
  • ...args any[]

引数と共に、channel を介してメインプロセスに非同期メッセージを送信します。 引数は window.postMessage と同じように 構造化複製アルゴリズム によってシリアライズされるため、プロトタイプチェーンは含まれません。 関数、Promise、Symbol、WeakMap、WeakSet の送信は、例外が送出されます。

注意: DOM オブジェクトや特殊な Electron オブジェクトなど、非標準の JavaScript 型を送信すると例外が発生します。

メインプロセスでは ImageBitmapFileDOMMatrix などの DOM オブジェクトをサポートしていません。そのため、これらのオブジェクトをメインプロセスでデコードする方法がなく、Electron の IPC を介してメインプロセスに送信することはできません。 IPC 経由でこのようなオブジェクトを送信するとエラーになります。

メインプロセスは ipcMain モジュールで channel を聴いてそれを処理します。

MessagePort をメインプロセスに転送する必要がある場合は、ipcRenderer.postMessage を使用してください。

メソッド呼び出しの結果のようにメインプロセスから応答を一つだけ受け取りたい場合は、ipcRenderer.invoke の使用を検討してください。

ipcRenderer.invoke(channel, ...args)

  • channel String
  • ...args any[]

戻り値 Promise<any> - メインプロセスからの応答で解決します。

channel を介して非同期でメインプロセスにメッセージを送信し、結果を待ちます。 引数は window.postMessage と同じように 構造化複製アルゴリズム によってシリアライズされるため、プロトタイプチェーンは含まれません。 関数、Promise、Symbol、WeakMap、WeakSet の送信は、例外が送出されます。

注意: DOM オブジェクトや特殊な Electron オブジェクトなど、非標準の JavaScript 型を送信すると例外が発生します。

メインプロセスでは ImageBitmapFileDOMMatrix などの DOM オブジェクトをサポートしていません。そのため、これらのオブジェクトをメインプロセスでデコードする方法がなく、Electron の IPC を介してメインプロセスに送信することはできません。 IPC 経由でこのようなオブジェクトを送信するとエラーになります。

メインプロセスは、ipcMain.handle()channel をリッスンする必要があります。

以下がその例です。

// レンダラープロセス
ipcRenderer.invoke('some-name', someArgument).then((result) => {
// ...
})

// メインプロセス
ipcMain.handle('some-name', async (event, someArgument) => {
const result = await doSomeWork(someArgument)
return result
})

MessagePort をメインプロセスに転送する必要がある場合は、ipcRenderer.postMessage を使用してください。

メッセージの応答が必要ない場合は、ipcRenderer.send の使用を検討してください。

ipcRenderer.sendSync(channel, ...args)

  • channel String
  • ...args any[]

戻り値 any - ipcMain ハンドラから返された値。

channel を介して同期でメインプロセスにメッセージを送信し、結果を待ちます。 引数は window.postMessage と同じように 構造化複製アルゴリズム によってシリアライズされるため、プロトタイプチェーンは含まれません。 関数、Promise、Symbol、WeakMap、WeakSet の送信は、例外が送出されます。

注意: DOM オブジェクトや特殊な Electron オブジェクトなど、非標準の JavaScript 型を送信すると例外が発生します。

メインプロセスでは ImageBitmapFileDOMMatrix などの DOM オブジェクトをサポートしていません。そのため、これらのオブジェクトをメインプロセスでデコードする方法がなく、Electron の IPC を介してメインプロセスに送信することはできません。 IPC 経由でこのようなオブジェクトを送信するとエラーになります。

メインプロセスは ipcMain オブジェクトで channel を聴いてそれを処理します。そして event.returnValue をセットすることで応答します。

⚠️ 警告: 同期メッセージを送信すると、応答を受信するまでレンダラープロセス全体がブロックされます。そのため、このメソッドは最終手段として使用してください。 非同期バージョンの、invoke() を使用することを推奨します。

ipcRenderer.postMessage(channel, message, [transfer])

  • channel String
  • message any
  • transfer MessagePort[] (任意)

メッセージをメインプロセスに送信し、任意でゼロ個以上の MessagePort オブジェクトの所有権を転送します。

転送した MessagePort オブジェクトは、発生したイベントの ports プロパティにアクセスすることで、MessagePortMain オブジェクトとしてメインプロセスで利用可能になります。

以下がその例です。

// レンダラープロセス
const { port1, port2 } = new MessageChannel()
ipcRenderer.postMessage('port', { message: 'hello' }, [port1])

// メインプロセス
ipcMain.on('port', (e, msg) => {
const [port] = e.ports
// ...
})

MessagePortMessageChannel の使用方法の詳細については MDN ドキュメント を参照してください。

ipcRenderer.sendTo(webContentsId, channel, ...args)

  • webContentsId Number
  • channel String
  • ...args any[]

channel を介して webContentsId のウインドウにメッセージを送ります。

ipcRenderer.sendToHost(channel, ...args)

  • channel String
  • ...args any[]

ipcRenderer.send に似ていますが、イベントはメインプロセスの代わりにホストページの <webview> に送信されます。

イベントオブジェクト

callback に渡された event オブジェクトに関するドキュメントは、ipc-renderer-event 構造体ドキュメントにあります。