メインコンテンツへ飛ぶ

inAppPurchase

Mac App Store のアプリ内購入。

プロセス: Main

イベント

inAppPurchase モジュールは以下のイベントが発生します。

イベント: 'transactions-updated'

1つ以上のトランザクションが更新されたときに発生します。

戻り値:

  • event Event
  • transactions Transaction[] - Transaction オブジェクトの配列。

メソッド

inAppPurchase モジュールには以下のメソッドがあります。

inAppPurchase.purchaseProduct(productID[, quantity])

  • productID String - 購入する製品の識別子。 (com.example.app.product1 の識別子は product1)。
  • quantity Integer (任意) - ユーザーが購入しようとしている商品数。

戻り値 Promise<Boolean> - プロダクトが有効で支払いキューに追加されている場合は、true を返します。

purchaseProduct を呼び出す前に、できるだけ早く transactions-updated イベントをリッスンする必要があります。

inAppPurchase.getProducts(productIDs)

  • productIDs String[] - 取得する製品の識別子。

戻り値 Promise<Product[]> - Product オブジェクトの配列で実行されます。

製品説明を探します。

inAppPurchase.canMakePayments()

戻り値 Boolean - ユーザが支払いできるかどうか。

inAppPurchase.restoreCompletedTransactions()

購入済みの支払いを復元します。 このメソッドは、更なるデバイスに購入品をインストールしたり、ユーザーが削除して再インストールしたアプリケーションの購入品を復元したりするために呼び出すことができます。

支払いキュー では、以前に完了した取引ごとに新しい取引情報を提供し復元できるようにします。 各取引は元の取引情報のコピーを含みます。

inAppPurchase.getReceiptURL()

戻り値 String - 領収書へのパス。

inAppPurchase.finishAllTransactions()

すべての保留中の取引を完了させます。

inAppPurchase.finishTransactionByDate(date)

  • date String - 取引を終える ISO 形式の日付。

日付に対応するすべての保留中の取引を完了させます。