メインコンテンツへ飛ぶ

クラス: CommandLine

クラス: CommandLine

Chromium が読み取るアプリのコマンドライン引数を操作します

プロセス: メイン
このクラスは 'electron' モジュールからはエクスポートされません。 Electron API では、他のメソッドの戻り値としてのみ利用できます。

以下の例は、-disable-gpu フラグが設定されているかどうかを確認する方法を示しています。

const { app } = require('electron')
app.commandLine.hasSwitch('disable-gpu')

使用できるフラグとスイッチの種類の詳細については、コマンドラインスイッチ ドキュメントを参照してください。

インスタンスメソッド

commandLine.appendSwitch(switch[, value])

  • switch String - 主要なものを除くコマンドラインスイッチ --
  • value String (任意) - 与えられたスイッチの値

Chromiumのコマンドラインに (オプションの value と一緒に) スイッチを追加します。

注: これはprocess.argv に影響を与えません。 この関数は主に Chromium の振る舞いを制御するために使われます。

commandLine.appendArgument(value)

  • value String - コマンドラインに追加された引数

Chromiumのコマンドラインに引数を追加します。 引数は正しく引用符で囲ってください。 スイッチは、追加順序に関係なく引数に先行します。

--switch=value のような引数を追加している場合は、代わりに appendSwitch('switch', 'value') を使用することを検討してください。

注: これはprocess.argv に影響を与えません。 この関数は主に Chromium の振る舞いを制御するために使われます。

commandLine.hasSwitch(switch)

  • switch String - コマンドラインスイッチ

戻り値 Boolean - コマンドラインスイッチがあるかどうか。

commandLine.getSwitchValue(switch)

  • switch String - コマンドラインスイッチ

戻り値 String - コマンドラインスイッチの値

注意: スイッチが存在しないか値がない場合、これは空文字列を返します。

commandLine.removeSwitch(switch)

  • switch String - コマンドラインスイッチ

Chromium のコマンドラインから指定したスイッチを削除します。

注: これはprocess.argv に影響を与えません。 この関数は主に Chromium の振る舞いを制御するために使われます。