メインコンテンツへ飛ぶ

clipboard

システムのクリップボードでコピーやペーストの操作を行います。

プロセス: メイン, レンダラー

Linux には、 selection クリップボードも存在します。 これを操作するには、各メソッドに selection を渡す必要があります。

const { clipboard } = require('electron')

clipboard.writeText('Example string', 'selection')
console.log(clipboard.readText('selection'))

メソッド

clipboard モジュールには以下のメソッドがあります。

注: 実験的なAPIにはそのように注記があり、将来的に削除される可能性があります。

clipboard.readText([type])

  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

戻り値 string - プレーンテキストでのクリップボード内のコンテンツ。

const { clipboard } = require('electron')

clipboard.writeText('hello i am a bit of text!')

const text = clipboard.readText()
console.log(text)
// hello i am a bit of text!'

clipboard.writeText(text[, type])

  • text string
  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

プレーンテキストとしてクリップボードに text を書き込みます。

const { clipboard } = require('electron')

const text = 'hello i am a bit of text!'
clipboard.writeText(text)

clipboard.readHTML([type])

  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

戻り値 string - マークアップでのクリップボード内のコンテンツ。

const { clipboard } = require('electron')

clipboard.writeHTML('<b>Hi</b>')
const html = clipboard.readHTML()

console.log(html)
// <meta charset='utf-8'><b>Hi</b>

clipboard.writeHTML(markup[, type])

  • markup string
  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

クリップボードに markup を書き込みます。

const { clipboard } = require('electron')

clipboard.writeHTML('<b>Hi</b>')

clipboard.readImage([type])

  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

戻り値 NativeImage - クリップボード内の画像コンテンツ。

clipboard.writeImage(image[, type])

  • image NativeImage
  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

クリップボードに image を書き込みます。

clipboard.readRTF([type])

  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

戻り値 string - RTFでのクリップボード内のコンテンツ。

const { clipboard } = require('electron')

clipboard.writeRTF('{\\rtf1\\ansi{\\fonttbl\\f0\\fswiss Helvetica;}\\f0\\pard\nThis is some {\\b bold} text.\\par\n}')

const rtf = clipboard.readRTF()
console.log(rtf)
// {\\rtf1\\ansi{\\fonttbl\\f0\\fswiss Helvetica;}\\f0\\pard\nThis is some {\\b bold} text.\\par\n}

clipboard.writeRTF(text[, type])

  • text string
  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

RTFでクリップボードに text を書き込みます。

const { clipboard } = require('electron')

const rtf = '{\\rtf1\\ansi{\\fonttbl\\f0\\fswiss Helvetica;}\\f0\\pard\nThis is some {\\b bold} text.\\par\n}'
clipboard.writeRTF(rtf)

clipboard.readBookmark() macOS Windows

戻り値 Object:

  • title string
  • url string

クリップボード内のブックマークを表す titleurl のキーを含む Object を返します。 ブックマークが無効なとき、titleurl の値は空文字です。 title の値は Windows では常に空です。

clipboard.writeBookmark(title, url[, type]) macOS Windows

  • title string - Windows では未使用
  • url string
  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

ブックマークとしてクリップボードに title (macOS のみ) と url を書き込みます。

注: Windowsの大抵のアプリは、ブックマークのペーストをサポートしていないため、ブックマークと縮退したテキストの両方をクリップボードに書き込むため、clipboard.write を使うようにしてください。

const { clipboard } = require('electron')

clipboard.writeBookmark({
text: 'https://electronjs.org',
bookmark: 'Electron Homepage'
})

clipboard.readFindText() macOS

戻り値 string - 検索ペーストボード上のテキストです。これは、アクティブなアプリケーションの検索パネルの現在の状態に関する情報を保持するペーストボードです。

このメソッドは、レンダラープロセスから呼び出されたとき同期 IPC を使います。 アプリケーションがアクティブにされるたびに、キャッシュされた値は、検索ペーストボードから再読込されます。

clipboard.writeFindText(text) macOS

  • text string

text をプレーンテキストとして検索ペーストボード (アクティブなアプリケーションの検索パネルの現在の状態に関する情報を保持するペーストボード) に書き込みます。 このメソッドは、レンダラープロセスから呼び出されたとき同期 IPC を使います。

clipboard.clear([type])

  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

クリップボードの内容を消去します。

clipboard.availableFormats([type])

  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

戻り値 string[] - クリップボードがサポートしている形式の type の配列。

const { clipboard } = require('electron')

const formats = clipboard.availableFormats()
console.log(formats)
// [ 'text/plain', 'text/html' ]

clipboard.has(format[, type]) 実験的

  • format string
  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

戻り値 boolean - クリップボードが指定した format をサポートしているかどうか。

const { clipboard } = require('electron')

const hasFormat = clipboard.has('public/utf8-plain-text')
console.log(hasFormat)
// 'true' または 'false'

clipboard.read(format) 実験的

  • format string

戻り値 string - クリップボードから format 形式で読み出します。

format は有効な ASCII 文字を含み、/ で区切られている必要があります。 a/c, a/bc は有効ですが、/abc, abc/, a/, /a, a は無効です。

clipboard.readBuffer(format) 実験的

  • format string

戻り値 Buffer - クリップボードから format 形式で読み出します。

const { clipboard } = require('electron')

const buffer = Buffer.from('this is binary', 'utf8')
clipboard.writeBuffer('public/utf8-plain-text', buffer)

const ret = clipboard.readBuffer('public/utf8-plain-text')

console.log(buffer.equals(out))
// true

clipboard.writeBuffer(format, buffer[, type]) 実験的

  • format string
  • buffer Buffer
  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

format でクリップボードに buffer を書き込みます。

const { clipboard } = require('electron')

const buffer = Buffer.from('writeBuffer', 'utf8')
clipboard.writeBuffer('public/utf8-plain-text', buffer)

clipboard.write(data[, type])

  • data Object
    • text string (任意)
    • html string (任意)
    • image NativeImage (任意)
    • rtf string (任意)
    • bookmark string (任意) - URL のタイトルの text
  • type string (任意) - selection または clipboard 。既定値は 'clipboard' です。 selection は Linux のみで有効です。

クリップボードに data を書き込みます。

const { clipboard } = require('electron')

clipboard.write({
text: 'test',
html: '<b>Hi</b>',
rtf: '{\\rtf1\\utf8 text}',
bookmark: 'a title'
})

console.log(clipboard.readText())
// 'test'

console.log(clipboard.readHTML())
// <meta charset='utf-8'><b>Hi</b>

console.log(clipboard.readRTF())
// '{\\rtf1\\utf8 text}'

console.log(clipboard.readBookmark())
// { title: 'a title', url: 'test' }