メインコンテンツへ飛ぶ

プロトコルハンドラの脆弱性の修正

· 読むのにかかる時間 1 分

遠隔コード実行の脆弱性が発見されました。これはカスタムプロトコルハンドラを使用している Electron アプリに影響します。 この脆弱性には CVE 識別子 CVE-2018-1000006 が割り当てられています。


影響を受けるプラットフォーム

Windows 向けに設計された Electron アプリが影響を受けます。myapp:// のようなプロトコルのデフォルトハンドラに自身を登録することで起きる脆弱性です。

ネイティブコード、Windows レジストリ、Electron の app.setAsDefaultProtocolClient API を使用しているようなアプリは、プロトコルの登録方法に関係なく影響を受ける可能性があります。

macOS と Linux には、この問題での 脆弱性はありません

緩和策

この脆弱性に対する修正を含む新しいバージョンの Electron を公開しました。 1.8.2-beta.51.7.121.6.17 です。 Electron 開発者全員は、アプリをすぐに最新の安定バージョンに更新することを推奨します。

何らかの理由で Electron バージョンをアップグレードできない場合は、app.setAsDefaultProtocolClient を呼び出すときに、最後の引数として -- を追加します。これにより、Chromium がそれ以降の引数を解析しなくなります。 ダブルダッシュ - はコマンドオプションの終わりを示し、その後は位置引数のみを受け入れます。

app.setAsDefaultProtocolClient(protocol, process.execPath, [
'--your-switches-here',
'--'
])

詳細については、app.setAsDefaultProtocolClient を参照してください。

Electron アプリを堅牢に保つベストプラクティスの詳細は、セキュリティチュートリアル を参照してください。

Electron の脆弱性を報告する場合は、security@electronjs.org にメールでご連絡お願いします。