メインコンテンツへ飛ぶ

Electron 22.0.0

· 読むのにかかる時間 1 分

Electron 22.0.0 がリリースされました! これには新しいユーティリティプロセス API、 Windows 7/8/8.1 サポートの更新と、Chromium 108、V8 10.8、Node.js 16.17.1 へのアップグレードが含まれています。 詳しくは以下をご覧ください!


Electron チームは、Electron 22.0.0 のリリース発表にワクワクしています! npm install electron@latest から npm でインストールするか、リリースウェブサイト からダウンロードできます。 このリリースの詳細は続きをご覧ください。

フィードバックがあれば、Twitterで共有するか、コミュニティ Discordに参加してください! バグや機能の要望は Electron の Issue トラッカー で報告できます。

注目すべき変更

累積的変更

注目の機能

UtilityProcess API #36089

新しい UtilityProcess メインプロセスモジュールは、Node.js のみと統合した軽量の Chromium 子プロセスを作成できる一方、MessageChannel でサンドボックス化したレンダラとの通信もできます。 API は Node.js の child_process.fork をベースに設計されており、移行が容易です。主な違いはそのエントリポイントの modulePath がアプリケーションのパッケージ内でなければならず、信頼できるスクリプトのみがロードできます。 さらに、このモジュールはデフォルトでレンダラーとの通信チャンネルを確立しないので、メインプロセスがアプリケーションで唯一信頼できるプロセスであるという契約を維持します。

新しい UtilityProcess API については、こちらのドキュメント で詳しく説明しています。

Windows 7/8/8.1 サポートの更新

Electron 22 は、Windows 7/8/8.1 をサポートする最後の Electron メジャーバージョンとなります。 Electron は Chromium の非推奨の方針の予定に従っており、Chromium 109 での Windows 7/8/8.1 サポートが非推奨になります (詳細はこちら)

Electron 23 以降のメジャーリリースでは、Windows 7/8/8.1 には対応しません。

さらなる注目の変更

  • Linux と Windows で Web Bluetooth の PIN ペアリングに対応しました。 #35416
  • 新しい Fuse として LoadBrowserProcessSpecificV8Snapshot を追加し、メイン/ブラウザプロセスで browser_v8_context_snapshot.bin ファイルからその v8 スナップショットを読み込めるようにしました。 それ以外のプロセスでは、現在使っているのと同じパスを使用します。 #35266
  • そのウインドウを開いたウインドウにアクセスするための WebContents.opener と、WebFrameMain インスタンスに対応する WebContents を取得するための webContents.fromFrame(frame) を追加しました。 #35140
  • 新しいセッションハンドラ ses.setDisplayMediaRequestHandler による navigator.mediaDevices.getDisplayMedia のサポートを追加しました。 #30702

API の破壊的変更

以下は、Electron 22 での破壊的変更点です。 これらの変更と今後の変更については、破壊的変更の計画 のページで詳しく説明されています。

非推奨: webContents.incrementCapturerCount(stayHidden, stayAwake)

webContents.incrementCapturerCount(stayHidden, stayAwake) は非推奨になります。 ページのキャプチャ完了時に webContents.capturePage で自動的に処理されるようになりました。

const w = new BrowserWindow({ show: false })

- w.webContents.incrementCapturerCount()
- w.capturePage().then(image => {
- console.log(image.toDataURL())
- w.webContents.decrementCapturerCount()
- })

+ w.capturePage().then(image => {
+ console.log(image.toDataURL())
+ })

非推奨: webContents.decrementCapturerCount(stayHidden, stayAwake)

webContents.decrementCapturerCount(stayHidden, stayAwake) は非推奨になります。 ページのキャプチャ完了時に webContents.capturePage で自動的に処理されるようになりました。

const w = new BrowserWindow({ show: false })

- w.webContents.incrementCapturerCount()
- w.capturePage().then(image => {
- console.log(image.toDataURL())
- w.webContents.decrementCapturerCount()
- })

+ w.capturePage().then(image => {
+ console.log(image.toDataURL())
+ })

削除: WebContents の new-window イベント

WebContents の new-window イベントは削除されました。 これは webContents.setWindowOpenHandler() に置き換えられます。

- webContents.on('new-window', (event) => {
- event.preventDefault()
- })

+ webContents.setWindowOpenHandler((details) => {
+ return { action: 'deny' }
+ })

非推奨: BrowserWindow の scroll-touch-* イベント

BrowserWindow の scroll-touch-beginscroll-touch-end 及び scroll-touch-edge のイベントは非推奨になりました。 代わりに、新しく利用可能となった WebContents の input-event イベント を使用してください。

// 非推奨
- win.on('scroll-touch-begin', scrollTouchBegin)
- win.on('scroll-touch-edge', scrollTouchEdge)
- win.on('scroll-touch-end', scrollTouchEnd)

// こちらに置換
+ win.webContents.on('input-event', (_, event) => {
+ if (event.type === 'gestureScrollBegin') {
+ scrollTouchBegin()
+ } else if (event.type === 'gestureScrollUpdate') {
+ scrollTouchEdge()
+ } else if (event.type === 'gestureScrollEnd') {
+ scrollTouchEnd()
+ }
+ })

19.x.y サポートの終了

Electron 19.x.y はプロジェクトの サポートポリシー に則りサポート終了となりました。 開発者とアプリケーションは新しいバージョンの Electron にアップグレードすることを推奨します。

E19 (May'22)E20 (Aug'22)E21 (Sep'22)E22 (Nov'22)E23 (Jan'23)
19.x.y20.x.y21.x.y22.x.y23.x.y
18.x.y19.x.y20.x.y21.x.y22.x.y
17.x.y18.x.y19.x.y20.x.y21.x.y

次回予告

Electron プロジェクトは 2022 年 12 月の 1 ヶ月間休止し、2023 年 1 月から復帰します。 詳細については、12 月の休止のブログ記事 をご覧ください。

短期的には、Chromium、Node、V8 といった Electron を構成する主要コンポーネントの開発に遅れないでチームが注力し続けるでしょう。

Electron の公開タイムラインはこちら になります。

将来の変更の詳細については、予定されている破壊的変更 のページをご参照ください。