メインコンテンツへ飛ぶ

Electron 13.0.0

· 読むのにかかる時間 1 分

Electron 13.0.0 がリリースされました! これには Chromium 91 とV8 9.1 へのアップグレードが含まれています。 いくつかの API の更新、バグ修正、及び一般的な改善を行いました。 詳しくは以下をご覧ください!


Electron チームは、Electron 13.0.0 のリリース発表にワクワクしています! npm install electron@latest から npm でインストールするか、リリースウェブサイト からダウンロードできます。 このリリースの詳細については下に続きます。是非ご意見をお聞かせください!

注目すべき変更

累積的変更

注目の機能

  • process.contextIsolated プロパティを追加しました。これは現在のレンダラーコンテキストで contextIsolation が有効かどうかを示します。 #28252
  • セッション固有のデータに対するディスク上のパスを取得するために新しく session.storagePath API を追加しました。 #28866
  • WebContentsnew-window イベントを非推奨にしました。 これは webContents.setWindowOpenHandler() に置き換えられます。
  • @electron/remote で使用されている process.contextId を追加しました。 #28251

新機能と変更の完全なリストは、13.0.0 リリースノート を参照してください。

破壊的変更

  • window.open() の引数 frameName はウインドウタイトルとして設定されなくなりました。 #27481
  • session.setPermissionCheckHandler(handler) で、handler の第一引数である webContentsnull になることがあるように変更しました。 #19903

これらの変更と将来の変更の詳細については、予定されている破壊的な変更 のページを参照してください。

API の変更

  • BrowserWindowroundedCorners オプションを追加しました。 #27572
  • セッション固有のデータに対するディスク上のパスを取得するために新しく session.storagePath API を追加しました。28866
  • コンテキストブリッジで DOM 要素を渡す機能を追加しました。 #26776
  • サンドボックス化したレンダラーに process.uptime() を追加しました。 #26684
  • context-menu イベントの一部として発生する引数に不足していたフィールドを追加しました。#26788
  • Manifest V3 拡張機能のサービスワーカーの登録に対応しました。
  • ServiceWorker に 'registration-completed' イベントを追加しました。 #27562

削除/非推奨となった変更

以下の API は削除されたか非推奨になりました。

  • WebContentsnew-window イベントを非推奨にしました。 これは webContents.setWindowOpenHandler() に置き換えられます。

  • 非推奨だった shell.moveItemToTrash() を削除しました. #26723

  • 非推奨となっていた以下の BrowserWindow 拡張機能 API を削除しました。

    • BrowserWindow.addExtension(path)

    • BrowserWindow.addDevToolsExtension(path)

    • BrowserWindow.removeExtension(name)

    • BrowserWindow.removeDevToolsExtension(name)

    • BrowserWindow.getExtensions()

    • BrowserWindow.getDevToolsExtensions()

      代わりに以下の session API を使用してください。

    • ses.loadExtension(path)

    • ses.removeExtension(extension_id)

    • ses.getAllExtensions()

  • 以下の systemPreferences のメソッドは非推奨になりました。

    • systemPreferences.isDarkMode()

    • systemPreferences.isInvertedColorScheme()

    • systemPreferences.isHighContrastColorScheme()

      代わりに、次の nativeTheme プロパティを使用します。

    • nativeTheme.shouldUseDarkColors

    • nativeTheme.shouldUseInvertedColorScheme

    • nativeTheme.shouldUseHighContrastColors

10.x.y サポート終了

Electron 10.x.y はプロジェクトの サポートポリシー に則りサポート終了となりました。 開発者とアプリケーションは新しいバージョンの Electron にアップグレードすることを推奨します。

次回予告

短期的には、Chromium、Node、V8 といった Electron を構成する主要コンポーネントの開発に遅れないでチームが注力し続けるでしょう。 リリース日について約束しないように注意していますが、予定では約四半期ごとに新しいメジャーバージョンの Electron を、各コンポーネントの新しいバージョンに対してリリースします。 仮 14.0.0 スケジュール では、Electron 14.0 開発ライフサイクルの主要な日付を示してあります。 また、Electron のバージョン管理の詳細については バージョン管理のドキュメントを参照 してください。

今後のバージョンの Electron で予定されている破壊的な変更の詳細については、予定されている破壊的な変更のドキュメントを参照してください